未分類

借金返済に民事再生を

多額の借金をしてしまった場合、返すことが難しくなる事例も少なくありません。特に会社経営をするうえで借金が返せなくなった場合にとれる措置として、このような法律があるのをご存知でしょうか。そのうちの1つが民事再生法になります。

借金借金が原因で会社の経営が難しくなった際には、社員を減らしたり社員の給料を減額といった手段を選ぶパターンも多く見られたりします。しかし、これでは会社を立て直すのは難しくなるでしょう。今までいた従業員数で成り立っていたものが、人数が減ることにより、確かに会社側は払うお金が少なくなります。ところが、その分労働力も減ることがデメリットです。そこで、会社を立て直しながら、借金を返せるようにする法律が民事再生法になります。この法と似た法律に会社更生法という法律が存在します。会社更生法は対象が会社や企業など、法人向けに作られている法律となります。その点、民事再生法は個人の方でも申請可能なものとなっているのです。とはいえ、この法律は借金を丸ごと返さなくてもよくなるというわけではありません。民事再生法は借金の減額はできるものの、計画を立てて定期的に返すという流れになります。もしも、会社の経営を続けたいが、借金の返済で難しいという話をよく耳にします。このような場合は、ぜひ弁護士に借金相談して、自分に合った立て直し方を検討しましょう。