未分類

借金返済方法の条件

借金の額を減額し、計画的に支払いつつ経営を再建できる法律に民事再生が存在します。この法律は会社更生法とは違います。どこが違うのかというと企業や会社などの法人だけではなく、自営業をしている個人の方でも申請可能であるところです。とはいえ承認してもらうにあたって、条件があります。これからこの借金に民事再生法をご検討の方は一度条件を見直すことをおすすめします。

弁護士民事再生法を申請するために必要な条件の1つ目として、会社の経営が成り立っていたことが前提として挙げられるでしょう。これを見て、なぜ借金のせいで経営困難になっているのに会社の経営が成り立っているというのはどういうことなのか疑問に思う方もいるのではないでしょうか。経営状況だけみて、再生不可能と判断された場合はこの民事再生法が適用されないこともあります。したがって、経営状況次第で適用されるかが決まるとも言えるのです。また借金返済の額を減額できるうえに、経営をたて直しやすくなるというメリットはあります。しかし注意すべきこともあります。再び何かあっお金を借りる場合に、信用がなくなり貸してもらえなくなる可能性です。そのため安易に自分だけで決めてしまうのではなく、弁護士に民事再生法について相談をして進めることをおすすめします。