未分類

借金返済の流れとは

このままの借金返済が難しくなった際、適用される法律の1つとして民事再生法が挙げられます。この他にも会社更生法という制度がありますが、こちらは企業などの法人向けの制度となっています。したがって、手続きに時間を要することが多いです。反対に民事再生法に関しては個人でも制度の申請が可能であることも含めて、会社更生法と比べると時間を要さないと言えるでしょう。

とはいえ、民事再生法を申請して認められるまでは長い道のりとなります。そのため個人でも申請すること自体は可能です。しかし、かかる期間を考えると弁護士に相談して申請を進めていくことをおすすめします。ここで手続きの簡単な流れを見てきましょう。

裁判所まず申請は書類を提出することから始まります。会社更生法の場合であれば、経営者を替える必要があります。ところが民事再生の場合は経営者はそのまま経営を続けることができるため、そのまま借金の返済の手続き申請を進めるのも元の経営者のままとなります。そこから裁判所指定の弁護士とともに進める流れとなるのです。そこから申請が決定されたら会社の資金がいくら残っているかなどを始めとして財政状況を調べて報告をします。この報告を提出した後に、これからどれくらいの期間どのようにお金を返すのか計画を立てるというのが簡単な民事再生手続きの説明になります。ここで紹介したのはほんの一部の手続き内容です。自分で申請する方法もありますが、より確実に申請を進めていくためにも弁護士に協力してもらうという手段を選ぶのも良いでしょう。