未分類

借金減額の法について

会社を立ち上げために多額の借金をしているということは良くあります。そこから借金が増え、経営を続けるのが難しくなることもあり得るのです。このような場合に多く適用される手段が存在します。手段には働く従業員の給料を減らす、またはその従業員の数を減らすなどのケースもあるようです。では、民事再生はどんな条件でどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

会社更生法会社更生法といって、民事再生法と似た法律が存在します。この会社更生法に関しては対象が会社や企業となっています。その点、民事再生法は自営業の方も申請できます。要するに個人、法人問わず適用されるということです。借金の返済と会社の再建の手助けとなる民事再生法は、具体的には借金の額を減額することが可能となります。加えて計画的に払えるようになるので、一度借金によって倒産しかけていた場合も、立て直しが可能になります。

これは経営者としてもとても良い制度であると言えるのではないでしょうか。とはいえ気を付けておきたい点もあります。それは金融業者や取引先の信用です。申請をすると、当然借金をしている相手にも通知がいくことになります。そのため再びお金を借りようとした場合には借りるのが難しくなることも考えなければなりません。民事再生法は手続きをするまでの手続きが複雑だと感じる方も少なくないです。不安な点があるという場合には弁護士に相談する方法を利用してみてはいかがでしょうか。

借金が返せずに経営が難しくなるといった事例も多いです。こちらの記事では借金返済をサポートする法とも言える民事再生について記載しています。借金によって会社の立て直しに困っているという場合には弁護士への相談も含め、少しでも困っている方の手助けとなれば幸いでございます。