未分類

借金返済の流れとは

このままの借金返済が難しくなった際、適用される法律の1つとして民事再生法が挙げられます。この他にも会社更生法という制度がありますが、こちらは企業などの法人向けの制度となっています。したがって、手続きに時間を要することが多いです。反対に民事再生法に関しては個人でも制度の申請が可能であることも含めて、会社更生法と比べると時間を要さないと言えるでしょう。

とはいえ、民事再生法を申請して認められるまでは長い道のりとなります。そのため個人でも申請すること自体は可能です。しかし、かかる期間を考えると弁護士に相談して申請を進めていくことをおすすめします。ここで手続きの簡単な流れを見てきましょう。

裁判所まず申請は書類を提出することから始まります。会社更生法の場合であれば、経営者を替える必要があります。ところが民事再生の場合は経営者はそのまま経営を続けることができるため、そのまま借金の返済の手続き申請を進めるのも元の経営者のままとなります。そこから裁判所指定の弁護士とともに進める流れとなるのです。そこから申請が決定されたら会社の資金がいくら残っているかなどを始めとして財政状況を調べて報告をします。この報告を提出した後に、これからどれくらいの期間どのようにお金を返すのか計画を立てるというのが簡単な民事再生手続きの説明になります。ここで紹介したのはほんの一部の手続き内容です。自分で申請する方法もありますが、より確実に申請を進めていくためにも弁護士に協力してもらうという手段を選ぶのも良いでしょう。

未分類

借金返済方法の条件

借金の額を減額し、計画的に支払いつつ経営を再建できる法律に民事再生が存在します。この法律は会社更生法とは違います。どこが違うのかというと企業や会社などの法人だけではなく、自営業をしている個人の方でも申請可能であるところです。とはいえ承認してもらうにあたって、条件があります。これからこの借金に民事再生法をご検討の方は一度条件を見直すことをおすすめします。

弁護士民事再生法を申請するために必要な条件の1つ目として、会社の経営が成り立っていたことが前提として挙げられるでしょう。これを見て、なぜ借金のせいで経営困難になっているのに会社の経営が成り立っているというのはどういうことなのか疑問に思う方もいるのではないでしょうか。経営状況だけみて、再生不可能と判断された場合はこの民事再生法が適用されないこともあります。したがって、経営状況次第で適用されるかが決まるとも言えるのです。また借金返済の額を減額できるうえに、経営をたて直しやすくなるというメリットはあります。しかし注意すべきこともあります。再び何かあっお金を借りる場合に、信用がなくなり貸してもらえなくなる可能性です。そのため安易に自分だけで決めてしまうのではなく、弁護士に民事再生法について相談をして進めることをおすすめします。

未分類

借金返済に民事再生を

多額の借金をしてしまった場合、返すことが難しくなる事例も少なくありません。特に会社経営をするうえで借金が返せなくなった場合にとれる措置として、このような法律があるのをご存知でしょうか。そのうちの1つが民事再生法になります。

借金借金が原因で会社の経営が難しくなった際には、社員を減らしたり社員の給料を減額といった手段を選ぶパターンも多く見られたりします。しかし、これでは会社を立て直すのは難しくなるでしょう。今までいた従業員数で成り立っていたものが、人数が減ることにより、確かに会社側は払うお金が少なくなります。ところが、その分労働力も減ることがデメリットです。そこで、会社を立て直しながら、借金を返せるようにする法律が民事再生法になります。この法と似た法律に会社更生法という法律が存在します。会社更生法は対象が会社や企業など、法人向けに作られている法律となります。その点、民事再生法は個人の方でも申請可能なものとなっているのです。とはいえ、この法律は借金を丸ごと返さなくてもよくなるというわけではありません。民事再生法は借金の減額はできるものの、計画を立てて定期的に返すという流れになります。もしも、会社の経営を続けたいが、借金の返済で難しいという話をよく耳にします。このような場合は、ぜひ弁護士に借金相談して、自分に合った立て直し方を検討しましょう。

未分類

借金減額の法について

会社を立ち上げために多額の借金をしているということは良くあります。そこから借金が増え、経営を続けるのが難しくなることもあり得るのです。このような場合に多く適用される手段が存在します。手段には働く従業員の給料を減らす、またはその従業員の数を減らすなどのケースもあるようです。では、民事再生はどんな条件でどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

会社更生法会社更生法といって、民事再生法と似た法律が存在します。この会社更生法に関しては対象が会社や企業となっています。その点、民事再生法は自営業の方も申請できます。要するに個人、法人問わず適用されるということです。借金の返済と会社の再建の手助けとなる民事再生法は、具体的には借金の額を減額することが可能となります。加えて計画的に払えるようになるので、一度借金によって倒産しかけていた場合も、立て直しが可能になります。

これは経営者としてもとても良い制度であると言えるのではないでしょうか。とはいえ気を付けておきたい点もあります。それは金融業者や取引先の信用です。申請をすると、当然借金をしている相手にも通知がいくことになります。そのため再びお金を借りようとした場合には借りるのが難しくなることも考えなければなりません。民事再生法は手続きをするまでの手続きが複雑だと感じる方も少なくないです。不安な点があるという場合には弁護士に相談する方法を利用してみてはいかがでしょうか。

借金が返せずに経営が難しくなるといった事例も多いです。こちらの記事では借金返済をサポートする法とも言える民事再生について記載しています。借金によって会社の立て直しに困っているという場合には弁護士への相談も含め、少しでも困っている方の手助けとなれば幸いでございます。